読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっかけいぼ

オタクで若手俳優ファンのゆるーいお金の使い方

舞台俳優応援スタンス*ゆるい、ゆるすぎるおっかけ

次は推しへのプレゼントについて書くか~と思っていたらこんな記事を見つけました。

舞台俳優応援スタンス/愛とはつまりお金です - ポンコツ女の大行進

舞台俳優応援スタンス〜地方在住20代社会人の場合〜 - 妄想8割

舞台俳優応援スタンスを見て私もやりたくなった - 夢を見させてくれ

 

なるほど私もやりたい。

このお3方の記事大変参考になりました。人の数だけ応援方法があるなとしみじみ…。

 

▼まずは基本情報

前回の記事にも書いていますが

・アラサー(社会人6年目)

・都心まで一時間圏内、実家住み

 

▼推しについて

お名前は書けませんが(身バレしたら色んな意味で恥ずかしいので)2人います。

テニミュ出身俳優さん(Aさん)ファン歴6年目

・notテニミュ出身俳優くん(Bくん)ファン歴数ヶ月

Aさんの出演された2.5舞台の原作、キャラが好きでご本人好きになったパターン。

Bくんも2.5舞台で好きなキャラを演じたのをきっかけで気になり始めました。

 

▼好きになる基準

基準といえばなんだろう…よくわからないです。

二人に共通しているのはファンへの姿勢、感謝が真摯だと感じるところでしょうか。だから真面目だな~とも思います。このまま二人とも炎上しないで下さい(必死)

改めて考えると私どこが好きか具体的に言えないw

あ、演技や役作りは好きですよ!そうじゃないとそもそもファンにならないかもなので!

 

▼舞台を観に行く基準

推しが出る舞台2回は観たいと思ってます。期間が長ければ3回、初日中日千秋楽がベスト?

面白かったり、これは期待できるぞ!というものにはそれ以上の回数行く事も。しかし何回か観てると段々飽きが入って眠くなる人間なので、楽しめる範囲で楽しむのが良いですね。

推しが出ていない舞台は2.5で気になったものに行っています。1~2回といったところでしょうか?1回は生、1回はライビュとかの場合も。超人気公演だったり、生じゃなくてもいいかという時は最初からライビュ狙いの時もあります。

 

舞台以外のイベント等に行く基準

行ける時は行きます。仕事で休みにくいなーという日程だと我慢する時もあります。Aさんに関しては以前より熱が落ち着いているので個人イベントでも1部2部両方必ず参加!!!という感じではなくなりました。昔は死ぬ気で行く!!!だったのに変わったもんだ。Bくんはファンになってまだ日が浅いので個人イベントが決まったらちゃんと行きたいな。

 

▼グッズを買う基準

推しの舞台はパンフと写真はほぼ必ず。実用性重視なので缶バッジとかは買いません。トレーディングブロマイドだったら少し頑張ります。

推しが出ていなければグッズ自体買うことは少ないです。

基本的に舞台を観て、感じて、残った思いが何より大事なので、舞台の思い出として形に残るのは最低限チケットの半券だけで充分。でも推しが居れば別、ということですね。

 

▼雑誌を買う基準

今はほとんど買いません。読み返すことがほとんど無いので…。JTripperに出たら買う。

 

▼映像を買う基準

友達に布教する際におすすめだよ!と貸したくなる、友達と鑑賞会した時持っていきたいと思う作品かどうかですね。

この基準クリアしてるならかなり面白い作品のはずなので映像として買っても後悔は無いと思います。家で再生することはあまりないんですよね。前述のとおり生で観るのが一番好きなので!

 

▼プレゼント/手紙について

Aさんはバースデーイベントなど直接手渡しする時でないとプレゼントと手紙は用意しなくなりました。以前は現場行くときは必ずだったんですが…。

かわりに今はBくんは現場行くときはプレゼントと手紙用意しています。手紙だけの時もあり。

プレゼントと手紙に関しては書きたいことがあるのでまた別の記事でもっと詳しく書こうと思います。

 

▼普段の行動

ツイッターやブログはチェックしてます。でもリプやコメントはしません。リプ出来る人凄い。

 

▼同担について

Aさんは同じくゆるーくファンやっている友達がいるので新しく友達欲しいとは思わないです。良い舞台に出るようになったので舞台自体には家族と行く事が多くなりましたしね。

Bくんは新規ということもあり昔からのファンに劣等感や嫉妬が出てきちゃうので、同担拒否気味です。あと倍率高い舞台出演する時にチケットの取れ具合でモヤモヤしたりもしますし!めちゃくちゃ貢ぐわけでもないのに嫉妬深い面倒な女です、はい。

 

 

こんな感じでおしまい。

余談ですが今日推しが出る舞台のチケットを発券したら超上手と超下手でした。違う角度で見られるだけよしとしますかー!面白い舞台だといいな。